特定個人情報保護方針

2015年10月1日 施行
2016年5月31日 改訂

マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤です。
当社においては、マイナンバーが実現する社会基盤への関与と貢献が必須になります。
「マイナンバー法」に基づく基本方針を定めて、従業者へ周知徹底して事業活動を遂行してまいります。

特定個人情報保護方針

  1. 特定個人情報の認識
    「特定個人情報」とは、個人番号をその内容に含む個人情報です。当社は、特定個人情報を適正に取扱うため「事務管理責任者」と「事務取扱担当者」を任命します。
  2. 特定個人情報の利用範囲
    当社は、特定個人情報を社会保障・税の「個人番号関係事務」に限り利用します。ただし、以下の場合は例外として特定個人情報を利用することがあります。
    (1)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意があり、又は本人の同意を得ることが困難である場合
  3. 個人番号の提供の要求と本人確認
    当社は、「利用範囲」において、従業者へ個人番号の提供を求めることがあります。個人番号の提供を受ける際には、本人と個人番号の真正性を確認し、適切に収集・保管をします。
  4. 特定個人情報の安全管理
    当社は、特定個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止等のため、適切な安全管理措置を講じます。安全管理措置は、関係法令及び内閣府ガイドラインに則り、「特定個人情報管理規定」を定めて適正な取扱いを実施します。
  5. 窓口の設定
    当社は、本人より特定個人情報の苦情・相談の申し出を受けた場合には「事務管理責任者」が対応します。
株式会社BSC
代表取締役社長 荒尾 辰之
PAGE TOP