楽々シリーズによる開発

楽々Framework3、楽々FrameworkⅡ、楽々WorkflowⅡ

住友電工情報システム株式会社殿が開発した「DOA」に基づく、データモデルの安定性と「オブジェクト指向」による、部品再利用性の高さを融合させたJavaの開発環境です。ネイティブJavaに比べると生産性5倍以上を実現しています。
当社は、楽々Frameworkでのシステム構築を15年以上経験しており、多数の開発実績があり、経験者を50名以上有していますので、大規模システム開発が可能です。また、開発プロジェクトから独立した品質監査組織による品質監査を行うなど、高品質なシステムをお客様へ納品できるようノウハウを蓄積しています。

関連サイト

事例紹介

PAGE TOP